ビザ(在留資格)取得可能性判断


当オフィスではビザ(在留資格)についてご希望のビザが取れるかの質問もできます。


企業様によって新卒か、中途採用か、海外からの呼寄せなのかご事情も様々だと思います。

また人材の方の学歴や職歴、国籍に寄っても判断は違ってきます。

それに企業様の審査もございます。

こちらから詳しく状況をお聞きして、ご希望のビザ(在留資格)の許可の可能性を判断いたします。ケースによっては、お調べしてからお話させて頂く事もあります。

例えば、同じ「中国人留学生を営業職で新卒採用する場合」であっても、その方の勉強された専攻や、貴社で担当する業務や扱うものによってはアドバイスが全く変わってきます。

もし仮に自力で調べて勝手に判断され、間違っていた場合は内定を出しても最悪在留資格が取れない等の危険もございますのでどうぞお早めに、


「この人材で就労ビザは取れるのか?」

「この仕事をして欲しいが、どんな人材なら就労ビザ取得の可能性があるか?」

「うちの会社でも外国人が雇用できるのか?」など、

疑問、質問をお問合せ下さい。

採用の早い段階で聞いて頂いた方が、「貴社での職務内容にあった学歴を持つ人材の方」のご提案がしやすくなります。

お問合せのときは、人材の方の詳しい履修証明と貴社で担当される職務内容を教えて頂きます。

それに加えて貴社の事業内容や規模など、その他のご事情もお伺いします。
 
行政書士には守秘義務がございますので、安心してご連絡下さい。

 


お電話でも、メールでもお問合せできます。初回無料相談(60分0円)です。

 

 

※2018年9月16日新着情報:外国人留学生の就職拡大と条件緩和の動きあり!

 

 

お問合せはお気軽にどうぞ!