アルバイトで外国人を雇用

1、留学生を雇う場合

 

・留学の在留資格(留学ビザ)は就労が認められていません。しかし、入管局から「資格外活動の許可」を得ている留学生は週28時間以内の範囲でアルバイト可能になります。

 

・採用前に在留カードの裏面を見て資格外活動許可欄に「許可」とあることを確認します。

 

・アルバイトできるのは週28時間以内です。(残含む)これを超えると不法就労になります。

 

・2社以上でかけもちのアルバイトをする場合は全部のアルバイト先の合計が28時間以内です。

 

・学校の「長期休業期間」中に限り例外的に1日8時間までアルバイトは可能です。

 

風俗営業のアルバイトは禁止です。もし、風俗営業のアルバイトをすると不法就労になり、雇った事業主も3年以下の懲役または300万以下の罰金に処せられます。

 

 

2、家族滞在の在留資格の外国人を雇う場合

 

・家族滞在の在留資格(家族滞在ビザ)も留学生と同じく、資格外活動許可を取得しなければなりません。

・資格外活動許可を取得すれば週28時間まで就労可能ですが、留学生のように長期休みに週40時間までというような時間の緩和はありません。

 

 

3、身分系の在留資格をもつ外国人を雇う場合

 

・身分系の在留資格(「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格)を持つ外国人は就労制限がないので、日本人と同様に仕事ができます。

 

 

4、「技術・人文知識・国際業務」」の外国人を雇う場合

 

この在留資格は、フルタイムの社員として働くために与えられている就労の在留資格です。在留資格を取得している雇用元以外でアルバイトをするには「資格外活動許可」を取得する必要があります。

しかし、飲食店やコンビニなどでの「単純作業」とみなされる仕事では許可は下りません。

 

ご参考:資格外活動の許可

    家族滞在の在留資格

    身分系の在留資格

    インターンシップの就労ビザ

    技術・人文知識・国際業務の条件

 

 

次のページ