企業が準備する外国人雇用必要書類と審査ポイント

外国人を採用し、就労ビザを取得したい場合、雇用する企業側も審査されます

 

入国管理局では外国人を雇用する企業の規模を4つのカテゴリーに分類し、申請時に必要な添付書類を分けています。


(以下の表参照のこと)

 

  カテゴリー1 カテゴリー2 カテゴリー3 カテゴリー4
区分
(所属機関)
(1) 日本の証券取引所に上場している企業
(2) 保険業を営む相互会社
(3) 日本又は外国の国・地方公共団体
(4) 独立行政法人
(5) 特殊法人・認可法人
(6) 日本の国・地方公共団体認可の公益法人
(7) 法人税法別表第1に掲げる公共法人
年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表中,与所得の源泉徴収合計表の源泉徴収税額が1,000万円以上あ団体・個人 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表が提出された団体・個人(カテゴリー2を除く) 左のいずれにも該当しない団体・個人

 

簡単にご説明しますと、

カテゴリー1は、上場企業。 カテゴリー2は、未上場の大規模企業。

カテゴリー3は、設立2年目以降の中小企業。 カテゴリー4は、新設会社、です。

就労ビザを申請する場合には、まずは、貴社がどのカテゴリーに当たるかを調べます。

カテゴリー1、2の企業は申請書類の大半が免除されます。

 

(ご参考「ビザ申請必要書類」

 

下の「主な必要書類」はポイントを抜粋したものです。詳しくは「ビザ申請必要書類」をご参考下さい。

 

 


企業の審査されるポイントと主な必要書類

1、どんな事業を行っている会社か

会社の説明で、入国管理局から求められる書類として主な書類は、

四季報の写し、または日本の証券取引所に上場していることを証明する文書

※カテゴリー2:前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表のコピー(受付印あるもの)

※カテゴリー3:「登記事項証明書」、「定款のコピー」パンフレット、会社案内、会社のホームページなど(役員、沿革、業務内容、主要取引先、取引実績が記載されたもの)

※カテゴリー4:カテゴリー3と同じ書類、事業計画書

 

2、どのような職務内容で外国人を採用するか

用意する書類:雇用契約書・採用理由書

どのような職務内容での採用かの説明は職務内容を雇用契約書に記入するのに加え採用理由書で詳しく説明します。
採用理由書には貴社のどの部門に配属し、どのような職務をしてもらうのか、その職務必要な専門知識と申請人の関連性、申請人の日本語能力海外との接点、その申請人を雇用する必要性などを説明する文書を作成します。

 ご参考:「ホテル・旅館でのビザ申請採用理由書」小売店でのビザ申請採用理由書

     「飲食店でのビザ申請採用理由書」

 

3、会社の財務状況

会社の財務状況を説明する書類としては、
 カテゴリー3:
・直近年度の決算報告書(貸借対照表、損益計算表)
・前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印あるもの)

 カテゴリー4:

・給与支払事務所等の開設届書のコピー(受付印あるもの)

・直近3か月分の給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(領収日付印のあるもの)のコピー
または、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(受付印あるもの)のコピー

 

4、外国人の給与水準

申請する外国人の給与水準が日本人と同じである必要があります。(雇用契約書)

同じ職務内容の日本人とその申請する外国人のお給料に差があると就労ビザは許可されません。

 

 

※立証のご注意

上部参考の法務省のホームページ等あがっているリストは受理する最低限の書類です。

それらの書類だけを提出すれば十分というわけではありません。

不慣れな企業担当者様や外国人の申請人の方はこの「最低限の書類のリスト」を元に提出して、あとから追加書詳細な説明を求められ困ってしまうこともあります。

また、書類作成を簡単に考えていて、いきなり不許可ということもありえます。

書類作成には十分な準備をしなければなりません。

 

ご参考: 

「ビザ申請必要書類一覧」
「ホテル・旅館でのビザ申請採用理由書」

「小売店でのビザ申請採用理由書」

「飲食店でのビザ申請採用理由書」

「外国人雇用のメリット」

「外国人雇用での注意点」
「人材紹介・派遣会社利用の就労ビザ取得」や「不許可」等様々なご相談

 

●2018年9月16日新着情報:外国人留学生の就職拡大と条件緩和の動きあり!

 

 ※就労ビザの可能性があるかどうか知りたいお客様は
  こちら