在留資格変更許可

在留中の外国人が、現在持っている在留資格から別の在留資格に変更する場合などに「在留資格変更許可申請」の手続きを行います。

 

例えば、「留学」の在留資格がある外国人が日本の大学や専門学校を卒業した後、日本の企業に就職する場合等にこの「在留資格の変更申請」となります。在留資格変更が許可されるための要件として外国人留学生の学歴と企業での職務内容が合致していて法律で認められている就労内容であることが求められています。


外国人留学生が大学等を卒業した後「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得する場合です。(この在留資格はいわゆる「就労ビザ」の内のひとつです)


ご参考:在留資格とビザ

     在留資格一覧

この「技術・人文知識・国際業務の在留資格」は専門知識を活かしたホワイトカラーの職種になります。以下は具体的な職種例です。


文系企画,営業,総務,財務経理,マーケティング,広報宣伝,商品開発,海外取引業務,通訳翻訳,語学の指導,デザイン等。


理系システムエンジニア,設計,技術開発,プログラマー,機械系や電気系のエンジニア等

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格(就労ビザ)を取得するには、外国人が個人で申請できるものではなく、個人と契約を結んだ上で入国管理局に申請します。


つまり、内定→雇用契約→入国管理局に申請です。


ご参考技術・人文知識・国際業務の条件

    外国人留学生の新卒採用

 

 

次のページへ