技能実習「宿泊」

2020年2月25日に、外国人技能実習制度に通算3年以内の技能実習を可能とする職種に宿泊業が追加されました。

技能実習を良好に修了した外国人が在留資格宿泊業の「特定技能」への変更を希望した場合は、必要な技能水準及び日本語能力水準を満たしているものと判断され、技能試験や日本語試験は免除されます。
ですので、さらに5年延長して宿泊業のお仕事をすることができます。

どんな仕事ができるか?

今まで宿泊業では、在留期間が1年の「技能実習1号」での受け入れは可能でしたから旅館等で何らかの業務をしていた外国人技能実習生はいました。ですが2号に移行できなかったため、1年後にはその技能実習生たちは帰国していました。

でも、宿泊業が、この度在留期間が1号を含めて通算3年の「技能実習2号」への移行可能な職種になりました。3年間技能実習生として宿泊業のお仕事ができるということです。

では、どのようなお仕事ができるのか?ということですが、2号移行可能職種ではお仕事内容や時間数が決められており、それに従って技能実習計画等を作って外国人技能実習機構に認定して頂かなければなりません。

 

お仕事内容について詳しくは➡厚生労働省:移行対象職種・作業一覧「宿泊職種(接客・衛生管理作業)」をご覧ください。

日本人従業員の方がしている同じような業務が中心になると思われますが以下のような業務はできません。

1.風俗営業法による接待行為を伴う業務

2.ナイトフロント・夜警など深夜の業務

3.客室の清掃や食器洗浄等(宿泊職種業務の関連業務及び周辺業務)のみの業務